PC鋼材の非破壊検査手法

PC鋼材の非破壊検査手法Non Destructive Inspection

経年化が進んだPC構造物は健全性把握が必須です。

PC構造物の鍵となるのが、緊張材であるPC鋼材です。PC鋼材がグラウトで守られ、健全に機能しているかどうかを知らないと、PC構造物の適切な維持管理ができないおそれがあります。

・ PC鋼材はグラウトで守られていますか?
・ PC鋼材は破断なく健全に機能していますか?

目視や触診による点検で発見された損傷に対し、詳細に調査する場合に非破壊検査を行います。

非破壊検査とは

機械部品や構造物の有害なキズを、対象物を破壊することなく検出する検査技術
・ 構造物を傷めない検査(無騒音、無粉塵)
・ 安全・簡易な検査(工期短縮)
・ 点情報ではなく、線的・面的情報が得られる検査

主な検査手法

[PCグラウトの充填調査]
・広帯域超音波法(※)
・SIBIE法(※)
・打音振動法
・インパクトエコー法
・放射線透過法

[PC鋼材の破断調査]
・漏洩磁束法(※)
・放射線透過法
・応力解放法
 (微破壊による残存プレストレス量検査)

(※)は、協会で講習を実施している検査手法

主な検査手法のうち、現場で比較的簡易に精度よく判定できる広帯域超音波法と漏洩磁束法について紹介します。

グラウト充填性が判定できる非破壊検査手法

■ 広帯域超音波法(WUT:Wide-range Ultrasonic Testing)とは

シース直上のコンクリート面に一対の探触子を配置し、広帯域超音波を発受信します。

シースからの反射波の周波数特性を分析することでグラウトの充塡性が判定できます。
下図に示すように、充填シースの場合は、高周波数帯域の反射波の強度が小さく、低周波数帯域の反射波が支配的となります。

PC鋼材の破断が判定できる非破壊検査手法

■ 漏洩磁束法(MFL:Magnetic Flux Leakage Method)とは

磁石ユニットを用い、コンクリート表面から鋼材を着磁し、着磁後の鋼材の磁束密度を磁気計測ユニットで測定します。